2010年03月31日

Qaanaaqとスキンカヤック。そしてQajaq JPN,

 友人Y氏のカナックSSに試乗した時の写真だ。カーボン製で白、カッコいい!私も欲しい!
 私の赤いスキンカヤックは少しカナックSSを意識して作った。しかし、安定感とロール性能。どちらもカナックには敵わない。
 さすが、ウォーターフィールドだ。

ウォーターフィールド カナックSS

 もし、私がウォーターフィールドのカナックを所有していたとしたら、スキンカヤックを作っていただろうか。
 カナックが欲しい、その気持ちがスキンカヤック製作意欲にもなっていた。それを考えると、今のスキンカヤック製作経験を持つ私は、いなかったかもしれない。
 そしてスキンカヤックを作る喜びを知ってしまった今、もう抜け出すことは出来ないだろう。

チェストスカーリング

 新年度、グリーンランドの文化を愛する仲間が集まる、Qajaq JPN,が変わろうとしている。
 世界に向けて、我々の活動を情報発信することも目的の一つだ。代表I氏を中心に皆で力を合わせ、行ける所まで行こう!
posted by Telecas_QJ at 10:17| Comment(16) | Qajaq | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月29日

大切なZippo

 少し前の記事コメントで、Eiichiさんから「タバコは吸わないんだけどね、どうにも手放せないライターがあるんですわ。」ってコメントを頂いた。

 これで思い出した私の大切にしていたライター。タバコを吸わなくなってからどこに行ってしまったんだろう。
どうしても思い出せなかったが、今日ひょっこり出てきた。本棚の一番上から。

古びたライター

 DVDを直そうと手を伸ばして入れようとするが、何かがつっかえて入らん。なんやろ?と思いつつ探ってみると、出てきました。

 大切なZippoのライター。18年前、京都で誕生日プレゼントしてもらったライターだ。

 10年間大切に使い、タバコを吸わなくなくてから8年間しまいこんでいた。

 シルバーの文字も黒くなり、本体もくすんだ色になってしまった。
このままでも、古くて味わいがあるが、せっかく出てきたのだから、きれいに磨いてやることに。

ギター金属パーツ用メンダー

 ちょうど、ギターの金属パーツ専用のワックスが有ったので、やさしくゴシゴシするとピッカピカになった。

磨いてピカピカ

これからは無くさないように、机の上に飾っておくことにしよう。


posted by Telecas_QJ at 11:28| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月28日

生わかめとめかぶは旨いぞ!

 さて、今日はカヤックフィシングだぁ!とはりきって友人Y氏と出発。現地に到着し準備を済ませたところで、ブログ用の写真を撮ろうと携帯のカメラをON。

 「ピピー電池を充電して下さい。」

 せっかく、大漁の写真を撮るつもりが、まさかの電池切れ。残念。気を取り直して2時間半程ねばるが、釣果はというとチャリコ一匹。トホホ・・・友人Y氏も同じくチャリコ一匹。

 しかし、海に出たらタダでは帰らんY氏。漁師の網を繋ぐロープに付いている、良いサイズのわかめをGET。しかも、めかぶ付きだ。

生わかめ

 帰りに半分わけてもらい、今晩は新鮮なわかめとめかぶを、さっと茹でてサラダでいただきます。
 良い酒のあてが出来てよかった。
 
posted by Telecas_QJ at 16:12| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月26日

円月島でおバカな私達

 和歌山県白浜町の沖に浮かぶ円月島に渡ったときの写真だ。
 南紀白浜のシンボルで夕景の名所として知られている。
 島の中央に海蝕で出来た円形の穴が開いて、これが名称の由来になったようだ。

南紀白浜 円月島

 観光名所で、近くをグラスボートの遊覧船が出ている。このため、観光客に対して景観を壊すので、むやみにシーカヤックで近づくのはどうかとは思うが、この様な場を見ると、ついやってしまいます。

円月島の穴にダイブ

 島の後ろから上陸して、おバカな私達は子供に帰って円月島のぽっかり開いた穴の中央でダイブ!
観光客の皆さんごめんなさい。もう致しません・・・

円月島の夕日

きれいで、せつない夕景。こういう風景を目にすると、帰りたくなくなります。

posted by Telecas_QJ at 13:27| Comment(5) | 断崖 巨岩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月25日

テレキャス部に入部

 たまたま、このブログにコメントして頂いた、BoogieGTさんの「テレキャス部」に入部させてもらいました。

ヘッド タバコの焦げ跡
〜ヘッドのタバコの焦げ跡は、クラプトンやジミヘンに凝っていたときに付けたもの。若き日の勲章でもある。〜


 これまで、ギターの話をする友人はいたが、テレキャスター限定の話ができる仲間はいなかった。
 それが、ブログを通じてテレキャス仲間が急にできて、うれしい。ITっていいなぁ!

 そんな訳で、私のかわいいテレキャスターの話をします。

 二十歳前後のときに購入したギターだが、当時大工見習いの私はお金も無くFender USAの20万円近くするギターを買う余裕なかった。
 そこで、ランクを落としFender JAPANの8万円程のテレキャスを購入。

オイル塗装の指板
〜写真では分かり難いが、指板をオイル塗装に変え、指の汚れがヴィンテージ感をだしてお気に入り。〜


 なぜこのギターを選んだかは、だだのルックスで決めた。無骨な感じのルックスが私の感性にマッチし、音で選んだ訳ではない。

 しかし、テレキャスを弾くうちに、なんか他のギターと音が違うことに気がつく。

ボディーの塗装剥がれ
〜ボディの塗装剥がれ〜


 近所にあったライブバーでテレキャスを弾くギターリストがいた。やはり、他のギターとは明らかに違う独特の音だ。

 この辺りから私はテレキャスにハマり、20年近く経ついまでも、テレキャス命だ!


ダダリオ 弦セット
〜ダダリオの安物の弦をこまめに変えるようにしている。1弦が.011の太めセットの弦を使い頑張ってチョ―キングしてます。〜


 さてさて、今日は私のかわいいテレキャスの弦を張り替えて、無理やり剥がしたネックの塗装のメンテをする予定だったが、よく考えると木曜はバンドの練習日。
 ネックの指板にオイル塗装の継ぎ足しをするつもりだったが、塗装をすると乾燥に時間がかかるので練習に使えない。仕方ないのでメンテは明日にすることにした。


posted by Telecas_QJ at 13:28| Comment(4) | ギター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月23日

下町のナポレオン

 “THEおじさんず”でまたまた新曲の練習が増えそうだ。
 曲は「下町のナポレオン いいちこ」のCMで使われる『また君に恋してる』だ。
 物悲しくて良い曲だ。自称テレキャスのブルースマンの私も、お気に入りになってしまった。



 この曲には、私のテレキャスターのフロントピックアップの音が、甘くせつない感じで良く合う。

 こういう曲を演奏すると感じるのだが、テレキャスターというギターは無骨なクセして、ブルース、ロック、カントリー、演歌までオールマイティーに使える優れたギターだ。


 おじさんバンドに仲間入りして一年ちょい経つ。自称ブルースマンの私もなんか最近、演歌っぽいフレーズが身について来たような・・・

 それでも、演歌のこぶしと、ブルースギターのチョーキングは共通する部分があるように感じるのは、私だけだろうか。
posted by Telecas_QJ at 12:26| Comment(2) | ギター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月22日

仕事と疲れと天気の具合

 19、20日でフローリング張り替えの大工工事をしてきた。ここしばらく、暇でまともに仕事をしていなかったので疲れた。足腰は痛いしケガはするはで、次の日はぐったり。

 そして、22日今日は海に飛び込みたくなる様な、暖かくて良い天気だ。

 先日、仕事帰りに買ったアブガルシアのリールを試したくて、カヤックフィッシングに出かけたいが、たまった用事を片付ける為に家でごそごそしている。

 せっかくの陽気に釣りはお預けだ。あ〜ロールで遊ぶのも良いなぁ・・・

海で遊びたい!

 話は変わるが、「Kayak〜海を旅する本〜」の懸賞に応募した。狙いはもちろん「カナック・トランザム」だ。

 私は、これまで懸賞に応募して当たった事が無い。

 何年も前の話だが宝くじで一万円を当選し、車で換金に向かう途中に交通違反でキップを切られた。
 そして反則金九千円を払うはめになった事がある、せつない男だ。

 そんなついてない私だが、カナックが当たりますように。両手を合わせ「パンパン」(祈)
posted by Telecas_QJ at 16:22| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月21日

中古リール

 以前から欲しかったおもちゃをGETした。
 カヤックフィッシング用に使うベイトリールだが、釣り具に何万円も出すお小遣いは無いので、中古で探していた。

 条件は、しっかりしたメーカーの品で左巻き、5千円以下、程度は中位の物。右巻きの物は品数も多いが、左巻きの安価で良い品がなかなか見つからなかった。

 しかし、たまたま仕事帰りに寄った中古釣り具店のタックルベリーがセール中で、リールを二つ買うと二個目は半額。

 一緒にいたK氏がリールを購入すると言うので、私の分も一緒に購入して貰い、K氏のご好意で私のリールは二個目の半額に!
 三千円でアブガルシアのリール、アンバサダー4601C4をGETしてしまった。

アブガルシア アンバサダー4601C4

 しかも、程度は新品同様。タイミング良く得をしてウキウキ気分。

 さくらも、ちらほらと咲き始め暖かい日も多くなって来た。カヤックフィッシングにでも出ますか。
posted by Telecas_QJ at 14:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月19日

私のエフェクター

 エレキギターの音というのは、ギター本体とギターアンプで決まる。同じギターでもアンプを変えると、音もアンプの特性が出て変わるということだ。
 つまり、ギター選びと同様にアンプも自分の好みの音が出せる物を選ぶ必要がある。

 しかし、ビンボーギターリストの私は、ライブで使えるような出力の大きいアンプは持っていない。

 そんな訳で、バンド全体の音をメンバーのF氏が所有する機材で出すのだが、セッティングはギター2台、ベース、ボーカルマイク2台をミキサーに集中して入力→パワーアンプ→スピーカ2台で音を出す。

 ここで問題になるのがギターアンプを使わないので、私の欲しい音にセッティング出来ないことだ。
 この問題を解決してくれるのが、エフェクターだ。画像はエフェクトボードのセッティング。

 私は本来良いギターアンプが有れば、エフェクターでギターの音を加工したくないので、必要最低限のシンプルな構成にしています。

フェンダー59ベースマン&デジタルリバーブ

 まず、ギターからBOOSのエフェクター、フェンダー59ベースマンに入力。59年型のアンプ、フェンダー・ベースマンの音を忠実にモデリングしたエフェクターだ。
 このベースマン、元はベースアンプだが、太くてきらびやかな音色がギターリストにも人気がある。

 BOOSのエフェクター、ベースマンも本物のアンプと同じセッティングがOKだ。
 そこから、同じくBOOSのデジタルリバーブにつなぐ。簡単に説明すると、エコーの調整をするエフェクターだ。

 ライブでは、この二つのエフェクターをミキサーの前に入れて、ギターの音をコントロールしている。
 これで高価で重たいギターアンプを持ち歩く手間が無くなる。が、しかし、ほんとはライブ用の真空管を使った良いアンプが欲しいのだ・・・

 追伸
 本日、久しぶりにまる一日まじめに仕事をするので、19日は夜中に更新しました。
おしまい。
posted by Telecas_QJ at 00:06| Comment(2) | ギター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月18日

Gパドル 変わり塗り

 画像のいちばん手前、黒のスキンカヤックの上にある変わった色の物は、マリギアックのサイン入りで私の大事なGパドルだ。

Gパドル 変わり塗り
 
 このGパドルの塗装には「カシュー」を使用した。カシューはカシューナッツのオイルを主成分とした合成樹脂塗料で、漆とよく似た塗膜に仕上がる。

 そのカシューを使用して変わり塗りを施したGパドルだ。

 まずクリアを塗り、次に朱色を塗る。今度はその上に黒を塗り、電動サンダーで削って色のグラデーションを出す。仕上げにもう一度クリアを塗って完成。

 乾燥時間をまる1日必要とするので、この工程に4日は必要となる。

 ちなみに、カシューのクリアは若干メイプルの様な色が付く。下の画像はスキンカヤックのデッキロープに付けるトグルだが、これはカシューのクリア塗装だ。

カシュー塗り トグル


 合計4回の塗りと、グラデーションを出す削り作業とで、なかなか手間のいる塗装作業だ。しかも、このカシューは粘度が高く専用のうすめ液で上手く調整しないと、非常に扱いにくい。

 そんな、手間をかけたマリギアックのサイン入りGパドル。私の宝物です。

 
posted by Telecas_QJ at 11:40| Comment(2) | 木工 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。