2010年06月15日

カントリー・ブルース

十数年前に購入したカントリー・ブルースの教本。同時にタカミネのアコギも購入したが途中で挫折をし、それっきり。

久しぶりに、いっちょ練習してみますかな。デルタ・ブルースとボトルネックのスライド・ギターを!

あまり根気が無い方なので気長に軽くですけど・・・

カントリー・ブルース

ブルースメンの多くがフィンガーピッキングでギターを弾く。私の好きなアルバート・コリンズもフィンガーピッキングでテレキャスを弾いている。

ピック派の私も真似して指でテレキャスを弾いてみるが、なかなか上手くいかんものです。

今回のカントリー・ブルースはフィンガーピッキングの練習の意味も含めて、愛用のTL52で練習。

まずはデルタブルースの神様、ロバート・ジョンソンの曲から気長にやるとします。


追記
右サイドバーのアルバート・コリンズ動画ですが、今回はカントリー・ブルースと言う事で、ロバート・ジョンソンの「クロスロード」にしてみました。


posted by Telecas_QJ at 11:25| Comment(2) | ギター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
渋い表紙ですな。まるでH.C.Petersenの「Skinboats of Greenland」みたいじゃないっすか。
Posted by Eiichi at 2010年06月15日 12:37
さりげなくカントリー・ブルース、渋いっすよ。
カヤックカート完成したら梅雨入り。雨降りじゃ軟弱なんでド根性が出ません・・・
おとなしく家でブルースです。
Posted by まっちゃん at 2010年06月15日 12:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。