2010年07月05日

テレキャスター フレットどうする?

画像ではまったく分からないが、5フレットから15フレット辺りまでが、チョーキングによってすり減ってきた。

フレットに角が立って、指をスライドさせるときに引っ掛る感触が気になる。

.011〜.049の太めゲージで、思いっきりチョーキングするのでフレットの減りが早いのか・・・

TL52 フレット 

以前に何度かダイヤモンドの砥石ですり合わせを行ったが、すり減って一番低くなったフレットに他のフレットの高さを合わせるのは根気のいる作業だった。

いっその事フレット交換して、軽く全体をすり合わせる方が楽かもしれない。

今の細めのフレットからジャンボフレットに交換する事も考えたが、音がどう変わるかチョッと冒険だ。

さて、どうしたものか。もって後2、3ヵ月だろう。とりあえず、交換作業のノウハウをいろいろと調べてみよう。


posted by Telecas_QJ at 18:57| Comment(2) | ギター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月23日

るろうに剣心とTAKUYAのテレキャス

「今日は雨〜アスファルトに流れる雨を〜大きな車が〜ひいて〜走るぅ〜♪」
by南こうせつ『今日は雨』

ほんと、雨が続きます。梅雨だからあたりまえですが。えーと、南こうせつはこの記事に特に関係ありません・・・

ところで、海に出たいのですがこの天気じゃ気合いが入らず、外の仕事もはかどらずに家でゴソゴソしている。

そんな訳でギター記事が続きます。

以前の記事にも書きましたが、私はオタクとまでは行きませんが漫画とアニメは好きな方です。(小説も)

そんな中、和月伸宏の「るろうに剣心」は特に好きでした。TVアニメも欠かさず見ていましたね。

るろうに剣心

OPの主題歌が、一時期『そばかす』だった事もあり、何となくJUDY AND MARYを聞くようになった。まあ、これも古い話で十数年以上前の事だが。




なぜ、JUDY AND MARYを聞いていたのか?最近聞き返して分ったのだが、TAKUYAのギターが意外に好きな事に気がついた。カッティングと微妙な音の外し方が良い感じで、ボーカルのYUKIよりTAKUYAのギターをメインにバンドの音を聞いていたのだろう。

そして、JUDY AND MARY解散後にTAKUYAが結成したROBO+Sでは、曲によってギターは使い分けているようだが、テレキャスターを使うTAKUYAも多く見られる。

ROBO+S TAKUYA

この塗装が剥げ落ちたテレキャスのヴィンテージ感、渋い!こんなテレキャスが欲しいものだ。


posted by Telecas_QJ at 15:48| Comment(4) | ギター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月21日

バディ・ガイ&ローリング・ストーンズ

ブルース記事が続きますが、シカゴのバディ・ガイも好きなブルースメンの一人だ。

ワイルドなギタープレイと渋い歌声がたまらなくて陶酔してしまう。

トレードマークの白と黒の水玉ペイントのストラトは一度見ると忘れないだろう。

そんなバディ・ガイも一時期はテレキャスター・デラックスを使っていたようだ。

Buddy Guy


今日はお気に入りの動画を紹介。バディ・ガイとローリング・ストーンズのブルースセッション。



バディも渋いが、タバコをくわえたキース・リチャーズも渋すぎ!こんなおっさんになりたいものだ。

ただ、欲を言うとキースがテレキャスを弾いてないのが残念。
聞くには、キースがテレキャスを弾くときは6弦を外し、オープンGのチューニングで弾く事が多いそうだ。

バディの声とギター、キースの渋いリズムギター、ミックのブルースハープ、最高のセッション・ライブだ。


posted by Telecas_QJ at 18:12| Comment(2) | ギター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月19日

マディー・ウォーターズ

私はアルバート・コリンズ好きだ。
テレキャスターにカポタストをはめて、フィンガーピッキングで演奏する独特のスタイルと、その鋭角的なギター・プレイと音にしびれてしまう!


ところでテレキャスターを使うブルースメンで忘れてはならないのが、シカゴ・ブルース界の巨人、マディ・ウォーターズだろう。

「フーチー・クーチー・マン」などのヒット曲を多産しており、多くのギターリストがマディの曲をカヴァーしている。

シンプルなスタイルながら味のあるギターと歌声は、何とも言えないブルースの深みがある!
私はマディのブルースにも刺激を受けて陶酔してしまう。



このマディ・ウォーターズの曲「Rollin'Stone」は、あのローリング・ストーンズの名前の由来だそうだ。

そう言えばストーンズのギターリスト、キース・リチャーズもテレキャス使い。プレイも渋いですね!


posted by Telecas_QJ at 13:09| Comment(0) | ギター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月15日

カントリー・ブルース

十数年前に購入したカントリー・ブルースの教本。同時にタカミネのアコギも購入したが途中で挫折をし、それっきり。

久しぶりに、いっちょ練習してみますかな。デルタ・ブルースとボトルネックのスライド・ギターを!

あまり根気が無い方なので気長に軽くですけど・・・

カントリー・ブルース

ブルースメンの多くがフィンガーピッキングでギターを弾く。私の好きなアルバート・コリンズもフィンガーピッキングでテレキャスを弾いている。

ピック派の私も真似して指でテレキャスを弾いてみるが、なかなか上手くいかんものです。

今回のカントリー・ブルースはフィンガーピッキングの練習の意味も含めて、愛用のTL52で練習。

まずはデルタブルースの神様、ロバート・ジョンソンの曲から気長にやるとします。


追記
右サイドバーのアルバート・コリンズ動画ですが、今回はカントリー・ブルースと言う事で、ロバート・ジョンソンの「クロスロード」にしてみました。


posted by Telecas_QJ at 11:25| Comment(2) | ギター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月27日

立戻るところはブルースとテレキャスター

はじめてギターを弾こうと思ったのは中学生の頃、弾き語りがしたくて通販で9800円のアコギを購入。誰もがつまずくFのコードで挫折。

18の頃、洋楽とエレキギターに目覚める。世間はバンドブーム。訳も分らずクレイマーのフロイドローズのトレモロギターをこれまた通販で購入。(ギターを見た目で決めた)

20の頃、ジミヘンとクリームに夢中になる。フェンダーのストラトかギブソンのセミアコの購入を考えるがお金が・・・

そこで普通はフェンダージャパンのストラトだが、見た目重視の私はテレキャスターの形が気に入って音は考えずに、またまた通販でテレキャスター52年モデルを購入。

その後テレキャスの音が他のギターと違い個性的な事に気がつく。

たまたまCD店で目にしたテレキャスを持ったアルバート・コリンズのCDを見つける。以前からブルースには興味があったので迷わずCDを購入。

以来、ブルースとテレキャスにのめり込む。

途中レスポールや三味線に浮気するが、はやり戻るところはブルースとテレキャス。若き日に購入したテレキャスで現在に至る。



そして今日You Tubで見つけたのはテレキャスの帝王、ロイ・ブキャナン。
私が若い頃に夢中になったジミヘンのHey Joeを歌う画像。一度で二度おいしい動画ですな!

posted by Telecas_QJ at 00:15| Comment(2) | ギター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月18日

テレキャスターのピックガード

ずいぶん前にネットで見つけたテレキャスターのピックガードだ。

インレイ入りの木製ピックガードだが、酔った勢いで何も考えずに「ポチッとなぁ。」ボタンをクリックしてしまった。

数日後に届いたピックガードは、きれいで見事な木目とインレイ。どれどれ、さっそくテレキャスに合わせてみる。

インレイ ピックガード

うん、よくある事だ。

「インチサイズやんかぁ!」

ジャパンのテレキャスはミリサイズ・・・合わへんやん。無理、無理!

それに、このピックガードを付けるとカントリー&ウェスタンな感じ。
ブルースっぽくないので大人しくあきらめました。

物は良いので今ではいい感じの飾り物だ。
posted by Telecas_QJ at 11:20| Comment(4) | ギター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月17日

いろいろなテレキャスター

Googleで “テレキャスター 画像” と検索すると山ほど出て来ますね。

新品、レリック、ステーカー貼りまくり、いろんなテレキャスがあってなかなか面白い。

この文章をクリックすると、Googleのテレ画像ページにとびます。 

同じテレキャスなのに見た目の個性が違う。音も違うのだろうと思うと、また物欲が湧いて来て違うテレキャスが欲しくなってくる。

My Telecaster

USA、ジャパン、フジゲンか、シンライン、52TL、フロントハム仕様。全部欲しいぞ!ローズウッドボディてのも有りかも・・・

最後に、以前から気になる事がある。テレキャスのリアピックアップのプレートにかぶせるカバーだ。
アルバート・コリンズ好きの私はあの金属カバーが気になって仕方ない。あれって付けると音変るのだろうか?


posted by Telecas_QJ at 17:20| Comment(4) | ギター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月16日

憂歌団/ナイフ

ギターリストではないが、テレキャス使いのシンガーで忘れてはならないのが、憂歌団の木村充揮だ。

憂歌団自体はなんとなく聞き流す程度だったが、良い感じだとは思っていた。

そんな時、YouTubeでこの「ナイフ」を聞いて衝撃を受けた。
ブルースだ!この雰囲気は憂歌団でないと出せないだろう。
突き刺す様なギターソロ、たまらん!



posted by Telecas_QJ at 08:21| Comment(0) | ギター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月13日

ブルース最高!

B.B.キング、アルバート・コリンズ、バディ・ガイ、エリック・クラプトン、ジェフ・ベック。

私が影響を受け、今でも大好きなブルースメンとギターリスト。
豪華メンバーでギターのブルースセッション。贅沢な動画だ。



お互いのプレイを聞きながら、「俺のギターはこれだ。次はお前の番だぜぇ。」「よし、それじゃぁ俺の音を聞いてくれ。」「どうだい、後はまかせるぜ!」「OK。これがシカゴのブルースだ。」てな感じでギターのセッションが展開して行く。

これがブルースの醍醐味。ブルース最高!

posted by Telecas_QJ at 21:41| Comment(3) | ギター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。